アウスラライブラリー

ガジェット/ゲーム/アニメ/ホビーなどの雑記系ブログ。

【RG】XXXG-01W ウイングガンダム

スポンサーリンク

前回、HGで復活したガンダムデスサイズに続き主人公機であるウイングガンダムがRGになって発売されました!

f:id:owsla:20210813194533j:plain

RGのパッケージはシリーズで統一感があり、ぱっと見ですぐにRGだと解りますね。

f:id:owsla:20210813195512j:plain

パーツ数はやはり多いですね、ダウンサイジングしたMG的な印象です。

f:id:owsla:20210813195651j:plain

このリアリスティックデカールを見ると改めてリアルグレードを実感します。最初に組んだRGキットのリアリスティックデカールを爪楊枝で擦ってしまって輝きがなくなってしまったトラウマ。

f:id:owsla:20210813200052j:plain

今回はいつもと違い説明書通りに組んでみました。いつもは頭部から組んでしまいますが、説明書では脚部からスタートします。

f:id:owsla:20210813200333j:plain

可動域は広いです。差し替えなしで変形できるので可動にギミックが結構ある感じですね。

f:id:owsla:20210813200656j:plain

腰部まで完成。サイドアーマーの可動域!

f:id:owsla:20210813200840j:plain

過去にHGのウイングガンダムを作ったのですが(どこかへ消えました)、比べ物になりません。

f:id:owsla:20210813201024j:plain

胸部。なんと1つのパーツで再現されがちな部分ですが、可動域のために3つのパーツで構成されています。

f:id:owsla:20210813201559j:plain

頭部。腕部は撮影するのをすっかり忘れていたようです…今回成形色で組むか悩んだのですがデスサイズと並べて違和感が出ないよう黄色パーツはチタンゴールドにしました。RGは加工しなくてもアンテナがシャープな成形なので良いですね!

f:id:owsla:20210813202014j:plain

今回のアドバンスドMSジョイントはこの2つのみでバックパックのウイングユニット用のパーツで登場です。

f:id:owsla:20210813202724j:plain

ウイングガンダムを象徴する翼部分。これでもかってくらい広がります。当キットの白色ランナーの成形色がセラミックのような色味でなんと言いますか重厚感があります。まるでチタニウムフィニッシュのようなパーツの重さがあり…不明ですが密度が高いのでしょうか?

f:id:owsla:20210813203252j:plain

武装。バスターライフルとビームサーベル、ビームサーベルを格納できるギミックが楽しいシールド。成形色でほとんど完璧に色分けされています。

メタリックのリアリスティックデカール、説明書ではクリアパーツの上に貼り付ける指示になっていますが今回グリーンのクリアパーツを活かしたかったのでデカールはクリアパーツの下側に貼ってます。クリアパーツの奥からキラリと輝く感じが良いですよ。

f:id:owsla:20210813204224j:plain

完成!いかにもガンダムというこのトリコロールカラー、存在感ありますね。

f:id:owsla:20210813205548j:plain

シールドはこのように折り曲げると連動してビームサーベルが引き出されるギミックがあります。

f:id:owsla:20210813205649j:plain

ガンダムデスサイズと共闘。RGはスラっとしたシルエットですね。

f:id:owsla:20210813210032j:plain

バードモード。直置きなので少し変な気がしますが、差し替えなしでバード形態にシームレスに変形可能、工程はやや多めです。

f:id:owsla:20210813212536j:plain

f:id:owsla:20210813212619j:plain

これはこれで、存在感がスゴイです。

f:id:owsla:20210813212731j:plain

印象的だったサブタイトルバンク風ポーズ「死神と呼ばれるG」。

以上!投稿が遅くなってしまいましたがRGウイングガンダムでした。ウイングガンダムの完成形と言える決定版キットで満足感ありました。1/144のサイズ感は丁度いいので部屋にスペースがない筆者はRGが一推しです。造形はほぼMGクラスですからねー

最後まで読んでいただきありがとうございました。それではまた…

ページTOPへ