アウスラライブラリー

ガジェットやゲーム、アニメなどの雑記ブログです。

SDガンダム クロスシルエット シスクード 作ってみました。

スポンサーリンク

何年かぶりにSDガンダムのキットを購入しました。SDガンダムクロスシルエット『シスクード』です。

f:id:owsla:20190429213202j:plain

最後に組んだSDガンダムはBB戦士のHi-νガンダムだったので私にとって、初のクロスシルエットシリーズになります。

付属のSDフレームで組み上げるとBB戦士の様な頭身に仕上がりますが、折角のクロスシルエットなので少し頭身の高いクロスシルエットフレーム(別売)を同時に購入しました。今回はSDフレームは使わずこのCSフレームで組んでいきます。

f:id:owsla:20190429214015j:plain

このシスクードというガンダムですが、かなり古いゲームのオリジナルのモビルスーツでガンダムなのにザクの様なモノアイ(一ツ目)が特徴的なガンダムです。なぜ今になってキット化されたのか謎ですが、こうゆうのってワクワクしてしまいますね。

上の写真のシールに付いているピンクの丸いのがモノアイです。

f:id:owsla:20190429214617j:plain

ランナーはSDガンダムにしては多めな気がしますが、最近のRGなどのガンプラや、コトブキヤのフレームアームズガールに見慣れているとこれで形になるのかな?と思えるくらいシンプルな枚数です。

ちなみにニッパーいらずで素手でランナーからパーツをもぎ取る事も可能でバンダイのプラモデル技術の進歩がすごいなと思いました。

 

制作時間3時間半くらいで完成しました、めちゃくちゃ組みやすかったです。

f:id:owsla:20190429215354j:plain

なかなかのボリューム感ですごい完成度高いです。これ少しスミ入れした程度なんですよ!CSフレームで組み上げると可動域が増えるのでポージングの幅が広がります。武装のIフィールド・ランチャーもよく出来てますし保持力も高いです、モノアイの位置を変えられる様に頭部のヘルメット部分が外しやすい設計になっているのでもう少し固定できるとなお良かった気がします、持ち上げようとして頭を持ち上げるとヘルメット部分だけ持ち上がってしまうほど緩めの接合部になっています、そこだけが残念ポイントです。

f:id:owsla:20190429220357j:plain

後ろから、頭部アンテナの裏側と握り手裏側に肉抜きがありますが、そこ以外は破綻なしのクオリティーです。バックパックもボールジョイントで可動します。よく出来てますよ!

f:id:owsla:20190429220741j:plain

武装は先程のIフィールド・ランチャーとクリア素材で出来たビームサーベル×2が付いています。SDガンダムのプラモデルのビームサーベルって真っ白なイメージがあったのでクリアパーツ使っていていい感じになってました。

 

以上、久しぶりにSDガンダムのプラモデルを購入したらかなり進化していて、非常に満足度の高いキットになっていたよというお話でした。興味があったら是非作ってみてください「SDガンダムクロスシルエット」シリーズラインナップも豊富になってきてかなりオススメです。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

それではまた…