アウスラライブラリー

ガジェットやゲーム、アニメなどの雑記ブログです。

DJI Osmo pocket の低照度撮影性能がスゴイ!

スポンサーリンク

f:id:owsla:20190816231420j:plain
ジンバル一体型のカメラ、DJI OSMO Pocket

超小型の3軸ジンバルによるカメラの安定性で手ブレする事なくキレイな映像が簡単に撮影できるスゴイ奴なのですが、このカメラのよりスゴイところは暗いところでも撮影可能な低照度撮影性能の高さでしょう。機械式の手振れ補正なので暗がりで光がブレるということもありません。

f:id:owsla:20190408201901j:plain

f:id:owsla:20190408202005j:plain

写真はシャッターを長めに設定して撮影した夜空です。

星が撮影できるほどの性能を秘めています。ジンバルなので上向きに設定できるのでこのような星空が撮れます。肉眼で見るよりも星が多く写っていました。

一方で動画撮影は…? 

対して動画に関してはここまでの高感度撮影は出来ないのですが、肉眼で見えるレベルのものはしっかり撮影できている印象で充分な性能があると思います。


暗闇に潜む猫をOSMO Pocketで撮影してみました。

動画は暗闇に潜む黒猫です、モニターによっては見えないかもしれませんが、猫の目はもちろん警戒して距離をとるところまで撮影できています。期待以上です。(4K REGZAで確認)

撮影時のOsmo pocket本体の液晶は真っ暗で何も写っていないので撮れてないと思ってましたが、きちんと写っていたので、素晴らしいと思い記事にしてみました。

一時期GoPro用ジンバルの購入を検討していたのですが、サイズの大きさと価格の高さなどがネックになり結局のところ見送りました、Osmo pocketはGoProより少しだけ長さがあるという程度のサイズ感なので良いかなと購入しましたが、気に入っています。

初めてジンバルというものを使いましたがブレないのがデフォルトというのがとても便利でした。私のYouTubeチャンネルは、このOsmo pocketとGoPro HERO7で撮影したものがほとんどです、両者とも得手不得手があるので使い分けています。

GoProは静止画は苦手で動画は最強クラス(私の感想)です。

対するOsmo pocketは静止画も動画もバランスが良い機体だと思ってます。両者ともファームウェアのアップデートでの機能改善や新機能などあって楽しいです。

 

以上、DJI Osmo pocketのお話でした。

最後まで読んでくださりありがとうございます。それではまた…