アウスラライブラリー

ガジェット/ゲーム/アニメ/ホビーなどの雑記系ブログ。

【GaN(窒化ガリウム)採用はやっぱり凄い】RAVPower 65W急速充電器 RP-PC133

スポンサーリンク

SurfacePro7のマグネット式電源アダプターはありますが、SurfacePro7はUSB-CポートによるPD充電にも対応しています。

これ、すごく試してみたかったのですが高出力のPD充電器は高価で手が出しにくかったです。しかし、AmazonでタイムセールのおすすめでRAVPower充電器が出たので購入して試してみました!憧れのGaN搭載です。

f:id:owsla:20200527231810j:plain

ダンボール箱から出した時の第一印象は「ちっちゃ!」でした。この箱の中にホントに入ってるの?って感じでした。65WのPD搭載の2ポートで55mm×55mmサイズに収まっているという不思議。

f:id:owsla:20200527232033j:plain

開封すると製品と取扱説明書とカードが入ってます。

f:id:owsla:20200527232236j:plain

充電器本体。ちっちゃ!の後に思ったのが「重っ!」でした。見た目以上にずっしりとします。重量実測で116gあります。

f:id:owsla:20200527232856j:plain

ポート面。グリーンの端子部って珍しいですね。

上のiSmart側がUSB-AのQuickCharge3.0対応ポートで最大18W、下のPDポート側は単一での使用時に最大で65Wの充電が可能です。2つのポートを同時に使用する場合は合計で最大65Wになります。ケーブルは付属しないので充電する製品に付属のものかPD65W以上に対応したケーブルが必要になります。

f:id:owsla:20200528000526j:plain

PSEマークはちゃんとあります。PD PIONEERが製品名のように見えますが、製品ページにはPD Pioneer Technology採用とあるので技術的な名前のようですね。

f:id:owsla:20200527233818j:plain

以前レビューした、OwltechのPD充電器とのサイズ比較。

f:id:owsla:20200527233957j:plain

最大出力がほぼ2倍あるRAVPowerのほうが一回り小さくなってます。GaN素材の採用による最強のメリットがこれです。 

f:id:owsla:20200531211557j:plain

コンセントに差し込むと、このように青色LEDが点灯します。

f:id:owsla:20200527234325j:plain

早速Surfaceを充電してみましょう!わくわくの瞬間です。

f:id:owsla:20200527234506j:plain

USB-Cで50Wオーバーの充電が出来ていますね!普通にすごいと思います。ちなみにケーブルはUGREEN製のケーブルで安価でクオリティーが高いのでおすすめです。60Wまでの対応なので超えない範囲で使う分にはですが...

f:id:owsla:20200527234828p:plain

きちんと電源モードになってます。46%から35分で満充電という速さ...

その代償として充電器と本体が少し熱くなります。40℃程度になってました。

f:id:owsla:20200527235017j:plain

18WPD充電対応のXperia1を充電するとこんな感じで電圧の制御も完璧です。

f:id:owsla:20200527235353j:plain

今となってはあまり使わなくなりましたが、あると便利なQ.C.(クイックチャージ)のiSmartポートの検証。9V充電なので間違いないです。

f:id:owsla:20200527235700j:plain

おまけ。最大65Wの充電器で極小電圧系のモノを充電するとどうなるのかという実験。めちゃめちゃ微電流で充電してくれていますね。この充電なら安心です。

 

以上!GaN素材採用の充電器はやっぱり格が違ったというお話でした。もう少し価格がこなれてくると良いですね。まだちょっと高いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!それではまた…

ページTOPへ