アウスラライブラリー

ガジェットやゲーム、アニメなどの雑記ブログです。

A-DATA製 SSD を分解してみました。

スポンサーリンク

旧macminiの起動ディスクとして使っていたA-DATAのSSDが完全に認識の力を失い起動不全になってしまったので分解して中を見てみました。

f:id:owsla:20190708121801j:plain

A-DATA SP550 ASP550SS3-240GM-C というモデルで、当時でもかなり安価なSSDでした。macmini2014でシステムの起動ディスクに使用していましたが2年くらいで完全にダメになりました。突然使えなくなった訳ではなく時々macが「読み取れないディスクです」とエラーが出ていたのですが、繋ぎ直せば問題なく使用出来る状態が数ヶ月あり、その後再起動するたびにエラーが出るほどになった経緯を経て完全に使えなくなりました。windowsでもフォーマットできなかったので諦めて廃棄する前に分解してみました。

f:id:owsla:20190708121838j:plain

ビスと爪でしっかりと護られていた基板がこれです。ちなみにキャビネット部分はSSDのシールが貼ってある方は樹脂製でしたが下側の裏蓋部分は金属製で放熱を考慮した設計になってました。安いのに良い製品だったのが伺えますね、壊れちゃいましたが…

f:id:owsla:20190708122401j:plain
10年保証シール?を剥がした写真、とてもキレイな基板ですね。

f:id:owsla:20190708122439j:plain

裏側。私は素人なのでこれを見てもさっぱり分からないのですが、安いイコール粗悪ではないというのはなんとなく分かります。

ちなみに黒い正方形のチップが SM2256K と書いてありSiliconMotionというメーカーのSSDコントローラーとのこと。

その下にあるのが NT5CC128M16IP-DI とありますが、これはNANYA製のDRAMチップの様です。

A-DATA製SSD、2年間お疲れ様でした。内蔵HDDと比べ物にならないくらい快適な環境でmacminiを使えてました。

 

以上、安いSSDを分解してみたら良い製品だったというお話でした。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

それではまた…